アジアと社会福祉の

幸福の懸け橋に

みんなで介護を支え合う みんなで介護を支え合う

笑顔が笑顔を呼ぶ介護 笑顔が笑顔を呼ぶ介護

ココが世界へ広がる介護の出発地点 ココが世界へ広がる介護の出発地点

協同組合「福」は外国人技能実習生の受け入れをお手伝いする、介護専門の監理団体です。
また、共同購買事業や、講演会、セミナーの開催なども随時行っています。

介護の事業者の経営の安定化、介護事業者の安定化、介護サービスの向上を目指し、
誰もが安心して生活できる地域を作り、協同組合で支えていけるよう、組合活動に取り組んでいきます。

介護事業者にとって、3年毎の介護報酬改定に伴う収支構造の変化や人材確保・人件費の高騰など、
経営状況を取り巻く環境は非常に厳しいものとなっています。
2025年には団塊の世代と呼ばれる方々が後期高齢者となり、
介護の需要は急速に上がることが予想されますが、
受け皿となる介護事業者にとってみるとそこまで事業継続することが難しい企業もあるのではないかと思います。

このような状況下、地域の高齢者に切れ目のない介護サービス提供を継続していくためにも、
1社での限界を、協同組合という企業が集まることで
各社の経営を強化していく目的のもと、協同組合福は誕生しました。

information